月別アーカイブ: 2017年12月

ペットの健康バロメーターとは

犬のおもちゃの大部分は、飼主さんがいないときに与えてしまうと危険なものです。

とりわけ布で出来ているおもちゃは、すんなりぶっ壊れてしまい、わんわんだけの環境の中であげてしまうと、食べる気がなくても誤って飲み込んでしまうことがあります。

簇りで過ごすワンワンにとって飼い主はリーダですが、本来単独で生きるにゃんこにはそうした認識はありません。

キャットにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、種々のことをしてくれる気軽な?同居人という気持ちでしょうか。

ニャンコ同士にも相性があります。

野生のニャンニャンの場合は版図が広いので、好まない相手がいれば触れることを逃れられますが、限られた空間で暮らしている室内飼いにゃんこの場合はそうはいかないのです。

ニャンニャンは基礎的に自分の気持で触られるのを求めるので、うんざりなほどなでられるのを嫌がります。

また、触られるのを好き好むキャットでも、くどくされるとコミュニケーションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントをチェックしておきましょう。

野生のイヌは、大群で生活し、協働で獲物を掴まえ、群れ内の社会的順位につき従って獲物を分けて食べていました。

獲物を毎日捉まえられるとは限らないので、一気に多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

匆匆たるときに限ってというのはひと所見で、にゃんこにはそんなつもりは毛頭ありません。

ソワソワと走り回る飼い主の足に狩猟本能が掻き乱されて、つい追いまわしたり、食いついたりしてしまっただけのことです。

ひとと同じで、イヌにも栄養のバランスは非常に大事で、ドッグフードのクオリティは値段だけで決まるわけではなく、高いからクオリティが良い、低価格だから危ない、というわけではありません。

飼い主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどのくらい入っているかを認識しておかなくてはいけません。

ニャンニャンにフードをあたえても食べずに、砂をかけるような振る舞いをして引っ散らかす。

ゴハンが好みじゃないの?と気がかりになってしまいますが、これはにゃんこの本能による行動で、この習性は排泄物だけでなく、よく似ているニオイに対しても現れるのです。

状態が悪いわけでも、外囲が変化したわけでもないのに大好物を突然食べなくなるケースもときどき起こります。

にゃんこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では決まって同じ獲物にありつくとは限らないので、時おり違う食べ物を欲することもあります。

夕方や深更になると部屋中を強烈なスピードで飛びまわったり家具の上に跳び乗ったりするニャンコはすくなくありません。

緊迫状態や運動不足から起こる異様な行動ではと案じる方もいると思いますが、これは多くのにゃんこに見られるごく自然な身持です。

野生では力ない動物はまず先に敵のかっこうの的となるため、物病みやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な地に隠れて快癒を待ちます。

この習性は猫ももっており、具合いが悪くなると縁の下や物置などに身を秘し隠すのでしょう。

にゃんこは多方面にわたる顔つきやしぐさ、ボディーランゲージを駆使して、僕達に呼び掛けています。

ねことのコミュニケーションを楽しむために、ネコ語をきちんとよみ取りましょう。

犬たちには住まいを選んだり、食べるものを選んだり、試してみたいことをあいている時間にするなどの自由が丸っ切りありません。

飼主に出来ることといえば、言葉を発することができないわんこの身になって一生を成しとげさせてあげることが大切です。

ワンコは人につき、ニャンコは住家につくと告げられていますが、これはキャットが自分のテリトリーを何をさておいても大切にし、環境の変動を気に喰わないことを記した言葉です。

にゃんにゃんのこの性状は、野生時代から鍛え上げられたルールです。

わんちゃんが病気と知らされたときは、その状態の改善策や進行ぐあいを延ばすためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えることが必須となります。

これはオブリゲイションではありませんが、ワンワンにできるだけ長く生きてほしいと思うならば、特別療法食を与えることが差し当たり妥当な選択です。

メインクーンの子猫の餌難民から抜け出しませんか?